成長

人生で初めてブログ投稿させていただきます!

株式会社京谷電気の下川です!
初投稿なので温かい目で見守っていただけたら
嬉しいです

さて2020年も9月に突入してますが、、、
暑い!!

ここ2、3ヶ月は八戸市内のLAN配線の工事に行っていて、風通しがあまり
よくないところでの作業なので、作業服がびしょびしょ!

風があっても暑すぎるため、作業開始1時間後くらいには汗だくになってます(
笑)

暑いのも汗をかくのもあまり好きではないんですけれど、自分の好きな運動をし
ていた時と同じで、仕事をして汗をかくのはあまり嫌いではないんです

でも、早く涼しい季節になってほしいとは思います(笑)

LAN配線の他には、別の現場に行ったり、事務所で書類作成をしたりしていま
す!

今は、電気設備の図面から材料を拾う作業が多いです

入社してから1週間くらい電気設備の図面から材料を拾う練習をしていたのですが
、当時は現場に出る前だったので、配線のイメージが全然できなかったんです

けれど、入社して1年半が経ち、色々な現場で作業したことによって、“最初よりは”
イメージしながら材料拾いが出来るようになってきました!

少しだけ成長できたかな?って思います!

でも、電気工事は奥が深く、まだまだ知らないことがたくさんあるので、
これからも成長し続けていきたいです!

電気でも他設備でも

大体一年ぶりの更新になります、株式会社ミワ電工の石田です。

今月の7/23,7/24は二日連続祝日、海の日スポーツの日です。
私の地元は7/20から海開きで夏を楽しみたかったのですが、新型コロナウイルスの影響で出かける事ができませんね。ショックです…


さて、話を切り替えまして
私は現在、現場の施工写真を撮影して整理、そして提出書類として作成する等の補助をしていますが、それらのワンランク上。

電気設備の図面作成に携わっています!

まだまだ私も無知なところが多いと感じる日々です
上司にわからない部分や説明を聞き、それをメモし、怪しい・確かこの部分は?という場面にメモの確認と同時に図面と並行して…をしています


最近。上司と現場に赴いた時、この言葉をいただきました。


『平面図だけではわからないことが多い、図面上と現場、各設備の照らし合わせが重要になる』


それは私もひしひし感じていることでもあり、気を引き締めなおす言葉でした

図面に携わる段階でそれは重要ですが、現場で基礎工事をする建築や電気設備、他設備の配管・器具の取付場所などにも関わる、とても大切なことです

恐らく、そんな大事なこと知っている!という方もいると思いますが、私の中で気を引き締める印象に特に残った言葉でした




それでは最後に

電気協会は女性があまりおりません

女性でもできる仕事がないのでは?と思われてそうですが、そんなことはありません!!

私が現在働いているのもありますが、現場の電気に携わる仕事は力仕事ばかりではありません

電気設備の図面作成と言わず、図面修正や現場写真の撮影、現場の見積もり作成など女性でもできることはあります!

なので、電気協会は女性でもやれる事はあります!怖くないですよ?

自己紹介

株式会社ミワ電工の石田です!

のブログ記事作成になりますので、至らぬ点もあるかと思いますが、見て頂ければと思います。


まずは私が勤めている会社を紹介します。


株式会社ミワ電工は五所川原市にあり、電気工事の施工・設計をする会社です。


地元の学校観光物産施設などの工事もおこなっております。


夏にはお祭りのちょうちん付けなどの設営や、冬には会社の外観が色とりどりのLED電球を飾り付けたイルミネーションで彩られます!

8月3日花火大会が行われますので、時間があれば来てくださいね)






仕事以外にも、地域のボランティアとしてごみ拾いなども行っています。






私は図面作成の補助事務の仕事などをしています。

工事に必要な照明器具の個数を数えたり、図面作成ではCADを使って図面の修正などを行っています。

今はまだ、先輩に教えてもらいながらの作業ですが、早く仕事を覚えて、違う仕事にも応用しよう!と思いながら、日々勤めています。

今の仕事のスピードより速く、やれる仕事は多く、知識も吸収することが目標です!

でんき女子

株式会社 山匠電気工業の小川です。

初めて投稿させていただきますので、仕事の事を少しご紹介したいと思います。
弊社は”電気”という名の通り、建造物の電気工事をメインに取り扱っております。
日々の業務の中で女性が携わっている内容として一般事務的作業の他に、電気の配線設計をしたり、CADで製図したり、作業ズボンを履いて現場調査に行ったり、電力関係機関へ申請手続きをしたり…と、様々なことをさせて頂いています。

建設業は専門用語も多く、入社1~2年は周りで飛び交う言葉が”異国の言葉”に感じてしまうほど、「わからないわからない(;´Д`)」ともがいていたことを思い出します。

年に数回、インターンシップや企業説明会など学生さんとお話をする機会がありますが、青森県内は電気工事という職種を希望される女性はまだまだ少ない印象です。
ですが先日、業界誌に☆電気女子☆という特集が組まれているのをみて、全国的に見ると少しずつ電気業界にも女性が進出しているんだな~ととても嬉しくなりました。

電気工事は『電気工事士』という資格がなければ施工出来ない職業です。
資格取得は簡単なものではありませんが、取って損は無し!と心から思います。
『資格チャレンジは、ぜひ頭が柔らかいうちに、貪欲に!』