Englishと建設業

初めまして!!鈴木建設工業株式会社の佐藤と申します。
第一回目の投稿なので、まずは私達の会社を紹介します。

鈴木建設工業株式会社は青森県三沢市にある建設会社です。昨年創立50周年を迎えました!
建設会社といえば男性社員のイメージが強い中、私達の会社は3分の1が女性社員です。
女性社員の仕事内容にはそれぞれ、総務・営業・そして 通訳業務 というものがあります。
建設会社で通訳??とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、みなさんは三沢市にアメリカ空軍基地があるのはご存知ですか?
私達はその基地の中で工事をする機会が多くあるため、現場監督の仕事の補助として通訳の仕事は必要不可欠なのです。
通訳の仕事内容は主に書類の翻訳、アメリカ人と現場職員との会話の通訳、会議での司会進行など様々です。日本語の建設専門用語が飛び交う中、すばやくそして正確に相手に英語で意思を伝えるのはなかなか難しい仕事です。
私も現在は営業を担当しておりますが、もともとは現場通訳を担当しており、
あ~~~!!筋交いって英語で何て言うの~~~~!!(ちなみにbrace, X-braceなどと言います♪)と苦労していた時代があります。
鈴木建設工業は総務部が司る社内業務、そして現場での社外業務でも女性が活躍する会社です。

さて、話は変わって、三沢市大町に2棟の賃貸住宅を新築致しました。








   
この物件は高気密高断熱、オール電化の賃貸住宅です。光熱費への出費をできるだけ抑えるためつかんだ熱は逃さず、給湯もエコキュートを採用しています。
毎冬かさむ光熱費への出費を抑えられるということは、入居されるお客様にとってとてもメリットがありますよね!!
弊社は、冒頭でもお話した米軍工事そしてその他公共工事に加えて、このような民間工事も積極的に行っております。
三沢市に遊びに来る機会がありましたら、ぜひ鈴木建設工業株式会社にお立ち寄りください

道路維持

鹿内組 佐藤です。

春から現場代理人を務めてた青森市内の法面工事が終わりまして、現在は弘前市で仕事をしております。
その現場というのが共同企業体の現場で、仕事内容は国道の維持補修です。

※「共同企業体」や「維持補修」ってあまり聞きなれないかもしれませんので簡単に説明させていただきます※
「共同企業体」とは、一つの工事を施工するのに複数の企業が共同で工事を受注し施工するための組織のことで、大規模工事で使われることが多いですね。青森市でわかりやすい所ですと新青森県総合運動公園の陸上競技場とか青森空港のホワイトインパルスも共同企業体ですね。
「(国道の)維持補修」とは皆さんが利用されている道路(国道)を安全に利用していただくた為、日々点検し必要に応じて補修や道路清掃・除草・除雪等を行います。

この現場は、秋田県との県境から青森市浪岡までと津軽道(現在青森市浪岡~鰺ヶ沢まで開通)という距離が非常にあります。
先日、車で全範囲をパトロールしたら1日かかりました(笑)

通常だと何ヶ月も同じ場所(現場)で仕事しますがこの仕事は作業する場所がその都度変わります!!
色んな地域(市町村)で仕事ができるので、お昼になったらその日の現場近くの飲食店で外食したい!!
という野望がありますが・・・まだここに配属されて間もないので叶えていません(笑)

さてこのHPでも昨年、植村会長の記事に記載されていましたが冬時期の維持工事のメインといえば除雪になります。









夜間や早朝、日中に雪が降ったり路面凍結のおそれがあると(気象予報や路面状況等から判断し)除雪車が出動!!
最近は暖かいのでそんなに除雪車が出動することは無いのですが、除雪作業中のご理解とご協力をお願いします。

新年明けました

㈱熊谷建設工業の柾谷です。

新年明けてだいぶ経ちましたが・・・
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

もうそろそろで2月突入ですね
時間が過ぎるのが早すぎます(*_*)


私は今、老人ホームの新築工事を担当しています。

これは去年の夏にドローンで撮影したものです!


そして現在はこんな感じで基礎工事を行っています。
ただの四角い建物ではないのでとても難しいです。




冬の基礎工事をなめてました。
寒すぎて辛いです。
雪かきしながらドロドロになりながら
毎日業者さんは頑張って仕事してくれています(*_*)



今はインフルエンザが流行っているみたいなので
みなさん気を付けましょー!

でんき女子

株式会社 山匠電気工業の小川です。

初めて投稿させていただきますので、仕事の事を少しご紹介したいと思います。
弊社は”電気”という名の通り、建造物の電気工事をメインに取り扱っております。
日々の業務の中で女性が携わっている内容として一般事務的作業の他に、電気の配線設計をしたり、CADで製図したり、作業ズボンを履いて現場調査に行ったり、電力関係機関へ申請手続きをしたり…と、様々なことをさせて頂いています。

建設業は専門用語も多く、入社1~2年は周りで飛び交う言葉が”異国の言葉”に感じてしまうほど、「わからないわからない(;´Д`)」ともがいていたことを思い出します。

年に数回、インターンシップや企業説明会など学生さんとお話をする機会がありますが、青森県内は電気工事という職種を希望される女性はまだまだ少ない印象です。
ですが先日、業界誌に☆電気女子☆という特集が組まれているのをみて、全国的に見ると少しずつ電気業界にも女性が進出しているんだな~ととても嬉しくなりました。

電気工事は『電気工事士』という資格がなければ施工出来ない職業です。
資格取得は簡単なものではありませんが、取って損は無し!と心から思います。
『資格チャレンジは、ぜひ頭が柔らかいうちに、貪欲に!』



未来の建設女子!?

株式会社 田名部組の上です。

弊社では、先日の日曜日に【ものづくり大工体験】と題して、モノづくり体験会を開催しました。今回の開催は2回目なのですが、思いのほか好評で、総勢28名の小・中学生と親御さんに、ご参加いただきました。

 私が幼いころは、大工道具を使って犬小屋を作ったり、七夕飾りを作るための笹竹を準備したりしたように思います。
しかし、近年はライフスタイルが変化したためか、そのような機会も減りました。 
そのような流れの中、希少となったモノづくりの楽しさを学ぶ機会が見直され、あちこちでイベントが開催されています。

弊社でも地元の小・中学生に大工体験をしてもらい、【建設業という仕事の魅力をたっぷり伝えたい】という気持ちで体験会を開催しました。

モノづくりの楽しさは何処から始まるのでしょうか?私達は【何を創るか?】を考えるところからワクワクします。その後も、設計図を作る時、材料や道具を揃える時、作ったものを使用する時。全ての工程に”ワクワク”が潜んでいる様に思うのです。

私達は、そんな喜びを少しでも多く体験してほしいと思い、設計図を事前に作成してもらうところから始めました。体験日当日は、その設計図を基に、それぞれが作りたい箱や椅子などを木材で製作しました。木造大工として働いている弊社の社員6人も、のこぎりやかなづちの使い方を教える等して、製作の手助けをしました。





最初は、緊張で反応が薄かった子供達も、場の雰囲気に慣れ始めたのか、後半は満面の笑みで作業をしていました。また、保護者の方々もお子様と一緒に夢中で作業をしていました。
そんな様子を見て、普段は寡黙な?木造大工たちもホッコリしていました。

【今回参加した子ども達が、将来、建設業を盛上げてくれたらいいなあ。特に、女の子は建設女子になってくれたら嬉しいなあ】そんな事を願わずにはいられない一日でした。

ドボジョの体力維持はチーズにあり!!

「こねだの栗の味にはしっくりきた~
ほんと、味がマロンやか~(まろやか)」

な今日この頃、皆さんお変わりありませんか?
株式会社みどりの植村です!


今年は珍しく長い夏でしたが、
そんな夏も過ぎ、とうとう秋到来です!


朝晩は気温が一桁になり、絶賛冷え性発動中です\( ‘ω’)/
そんな寒さ対策には、暖かいお食事をいただくことですね!

そんな時は、やっぱりチーズが食べたくなりますよね~?
なんてったって、なかなか冷めない!言うならば熱を閉じ込めて熱々なチーズ様?
もう本当大好きです? ?

私の前回のブログでも「チーズネギ味噌ラーメン」をご紹介させていただきましたが、
ご覧になられましたか~?
見てない方は、ぜひおススメのラーメンなのでご覧ください!↓
雪のちラーメン ~北国の建設業編~


さて、最近では…
なななななななんと!!!!
某牛丼屋さんで
「4種のチーズドリ牛」 (並480円)
が9月に新発売されましたー!!
早速、雨が降って寒かった日にいただいてきました!

それがこちら↓

見た目は、「おいおい」となりますが…笑
味はGood!結構甘めで凄くマイルドでした!
たっぷりのチーズソースとご飯が絡んで、牛丼というよりは、完全にドリアでした(笑)

共に写真に写っている汁物は、同時に新発売された「カレーとん汁」になります。
とん汁だけどまさにカレー味でした。スープカレーのようなとん汁。
こちらもスパイスが効いていて、寒い季節にはもってこいの一品でした!!


ちなみに…(ニヤリ)
同じお店で定番商品としてある「とろ~り3種のチーズ牛丼」、
チーズ好きによる、こだわりのいただき方があるんです。

注文方法は
「3種のチーズ牛丼、チーズ肉下、つゆだくで。」になります(笑)

そうすると…

チーズがご飯とお肉の間に挟まってきて、
その熱でチーズが極上にとろけて、ご飯とお肉に激しく絡んでくれるのです!!!
こんな贅沢なチーズの食べ方はない!!(*´▽`*)ほっこり。

※つゆだくで更にとろけ度が増しますが、苦手な方は無しでも十分とろけますよ~

ぜひご賞味ください!!!

と、まぁまったく建設業に関係ないような話ばかりになってしまいました。
そう、断然「食欲の秋派」の私です。


さぁーー!!どんどん寒くなってきて、冬もすぐそこですよ!
“夏は暑く、冬は寒い”
建設業にとって、辛い時季ですが、
移りゆく季節をこんなに実感しながら仕事のできる建設業で働けていることを、
私はとても幸せ感じます(*´Д`)

チーズを食べて、体だけではなく心もホットに!今日もご安全にー!!

青森県合同移住フェア

㈱鹿内組 佐藤です。

8月25日(土)に東京にて
『青森県合同移住フェア』
というイベントが開催されました。

コチラは
「多様な働き方・暮らし方ができる青森県」
をテーマとして
青森県への移住をPRするイベント
だそうです。

県内の様々な市町村や福祉関係や企業相談関係など参加されており、相談ブースが沢山ありました。
当会は建設業相談枠として参加してきました



※写真は準備段階の状態でとっていますので閑散としていますがイベント始まったら沢山の人がご来場されていました。




青森県で様々な業種・職種で活躍する女性のPRの為、
あおもりなでしこ
林業女子会@青森
あおもりドボジョきらきら推進チーム
の皆さんと一緒にMCの方と知事がいる檀上に上がりPRをしてきました。
建設業ということで私とあおもりドボジョの方々は作業服です
林業女子会の皆さんは林業用の作業服、なでしこの方々はお揃いのスカーフで各々アピールです

自分緊張で声震えてしまいました
写真だと分からないのでありがたいですね(笑)
3択クイズをしましたが心優しい知事がクイズのシンキングタイム中に
正解の内容を言ってしまうというプチハプニングがあったりしましたが
和やかなムードで無事終了しました

その後は建設相談ブースで相談者が来られるのを待つ・・・
女性の方が相談にいらしてくださいまして、色々とお話しさせていただきました


私はこのブースにずっといたので詳しいことは言えませんが檀上では
各出典ブースのPRや青森に移住された方のゲストトークなどで盛り上がっていたようです。

仕事と新幹線の関係で長居できず各ブースを巡ったり等が出来なくてちょっと内容薄くなってしまいました
では、この辺で失礼します

建設女子のための現場見学バスツアー

皆様、暑い日が続く中お仕事お疲れ様です。
2回目の登場となります、(株)福萬組 村中です。

7月20日(金)に青森県主催の
『建設女子のための現場見学バスツアー』
に参加してきましたので今回はその事について書いていきたいと思います。

今回はいつものメンバーだけではなく初めましての女性技術者の方や十和田工業からも女子生徒3名が参加してくれました。

総勢30名のパトロールになり、普段こんなにたくさんの女性と会う機会がないので、少し緊張しました!!!

まず初めに大沢地区道路改良舗装工事現場にお邪魔しました。



現場では路床安定処理工の混合という工程の最中で混合機械(スタビライザー)にて、土砂と生石灰を混ぜる作業をしていました。



路床安定処理工とは・・・
構築路床において、性状の劣る地盤に対して安定材を添加混合して改良する工法です。

土木の現場の事はよく分からないのですが分かりやすい説明のお陰で見学していて楽しかったです!
ありがとうございました!

続いて(仮称)八戸市屋内スケート場工事現場
にお邪魔しました。



現場に着いて皆さんびっくり!!!
間近で見ると規模の大きさと迫力に圧倒されました。

いざ!中へ!!!





写真だとあまり大きさが伝わらないのが残念です。

話を聞いていて1番驚いたことは天井を支えている全ての支保工を毎朝計測して1mm単位で調節しているという事です。

支保工とは・・・
建築中、梁、天井等の荷重をささえる仮設部材です。

普段生活している中で1mmというのは大きい数量ではありませんが建物を作るうえでは大きな誤差になってしまいます。
※数mm程度の誤差で天井が崩れる可能性もあります。

八戸市屋内スケート場工事現場を外から見る事はあっても中を見学する機会は滅多にないので今回のパトロールに参加して良かったです!!!

長々と書いてしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございました(^^♪

素敵な植栽計画♪

暑かった夏もあっという間に終わりに近づいていますね~。
皆さんいかがお過ごしですか?㈱小坂工務店の繋です。

「お庭を素敵にしたいのだけれど、誰に頼んだら良いのかしら?」
なんてお悩み中のそこのあなた!

私は仕事柄お家の間取りをご提案することが多いのですが、一緒に植栽の計画もおススメするようにしています。

“植栽”って聞くと、
「毎日水やりや草取りをしなきゃいけないんじゃないか」
「うちは敷地が狭いから、お庭なんてつくれないし・・」
と敬遠される方が多いのではないでしょうか。
実際、お客様の大半(特に20~30代の共働きのご夫婦)はこのようなご意見をおっしゃいます。

でもでも、せっかく新築されたお家が素敵に見えるかどうかは植栽次第といっても過言ではありません・・!

夢のマイホームを素敵にアップグレードするなら、手始めにシンボルツリー1本からでも気軽に始められるんですよ♪
昨年末にお引渡しした、八戸市のM様邸をご紹介します☆



クリスマスツリーで定番の“モミノキ”を玄関先に。
植える場所がなくても、おしゃれな鉢植えに植えてあげるだけでこんなに雰囲気のある玄関先になります。
クリスマスにはオーナメントを飾って楽しんだそうです^^

春から初夏にかけて、新芽も楽しめます。





手前がシンボルツリーのジューンベリー。
赤い実が熟すと食べられるので、子ども達も毎日楽しみにしているそうです。
枕木で作った玄関前のステップとグリーンが映えて素敵です。



M様からはこのようなご要望を頂きました。
○お手入れいらずでおしゃれな植栽
○子供たちが学習できるようなお庭にしたい
○自分で買ってきたものを気軽に植え替えできるようにしたい

南欧風でレンガ調タイルをアクセントにした外観でしたので、植栽はハーブ系をメインにしてグリーンを多めに、お花の色はブルー系統で大人可愛い雰囲気にまとめてみました。
水やりは気づいた時にする程度で良いものばかりで、3人の子育てをしながら共働きでお忙しいM様にも負担にならないように配慮しています。

また入口には奥様もお気に入りのジューンベリーを植えました。野菜を育てるちょっとした菜園スペースも設けて、子ども達が庭先で実を採ったり野菜の成長を楽しめるようなご提案をしています。

面積で言うと畳一畳ちょっとのスペースですが、少し工夫することで日々の生活に彩りを与えることができます。
もちろん貸家にお住まいの方でも応用できますので、参考になれば嬉しいです(*^_^*)

季節の変わり目で体調を崩しやすいので、ごはんもりもり食べて乗り切ります!
皆さんもお元気でお過ごしください♪

女性建設技術者には女性専用のユニフォームがあります!?

2度目の登場となりました!ハートエンジニアオフィス(株)のプリティ田中と申します。(笑)これから建設業に入職しようと思っていて、作業服姿を心配している貴女!ご安心ください!現在では各作業服メーカーから女性のシルエットにフィットして動きやすくカッコイイ作業服がたくさん出ているんですよ!


モデルは初登場!メンディ菊池

当社でも女性に向けて新しいユニフォームが採用されました!(やった~~!)どうしても男性物の作業服ではウエストに合わせると脚の部分が超太くなってしまい、太く見えるのを気にする私たちレディは少しでも細く見せたいと常々思っていたのでございます。オホホ。ヘルメットも女性職員専用デザインで赤の反射ラインが施されています。長靴もピンクでカワイイ!社長ありがと~~~!!新しいユニフォームでやる気もアップするものというものです!このユニフォームで橋梁補修設計の現場調査に向かいます。暑い日が続きますが女性のパワーで頑張りましょ~~~!!