夏休み親子バスツアー

8月8日に青森市で開催された「建設業の魅力を再発見!夏休み親子バスツアー」に行ってきました!
このバスツアーは、小中学生の親子の皆さんを対象に、暮らしに必要な建設業の役割を学び、建設業の魅力を肌で感じてもらうため、県が開催したものです。

今回は34名の親子が参加してくださいました。
午前中は青森市宮田地区にある新青森県総合運動公園陸上競技場の工事現場を見学。
女性技術者の説明を聞きながら、スケールの大きな現場を見て回りました!





子供たちは皆興味シンシンで、工事担当者の方々に鋭い質問が飛び交いました!





午後は、天候不良のため、船に乗っての港見学は中止となってしまいましたが、身近な青森港について職員さんから詳しく説明を聞き、あらためて青森港の重要さを学びました!






子供達に建設業のカッコ良さ、面白さが伝わったようで嬉しいです!

こんにちは!ドボジョです。

お疲れサマー!夏過ぎたけどー!

な今日この頃、皆さんお元気しておりますか?
株式会社みどりの植村です!

大分涼しくなってきましたが、気候の変化についていけていますか~?


さて、7月31日に青森市のラ・プラス青い森において、「女性活躍推進から考える担い手確保セミナー ~女性目線から見る建設産業の課題~」と題し、建設業の経営者向けセミナーが開催されました!

第1部のセミナーでは、女性社員活用の視点から、人材育成と誰もが能力発揮しやすい組織風土づくりで、業績アップへのサポートを行っている中小中堅企業向け女性活用コンサルタントの早川美由紀さんにお越しいただき、「女性の活躍で業績アップ!あなたの会社は劇的に変わる」と題して、ご講演をいただきました。
女性を登用するメリットはもちろん、女性に限らず、多様な人材の可能性を活かせる会社が伸びるという内容が中心でした。経験や一例を挙げて、とても説得力のある講演に聞き入ってしまいました!


第2部のパネルディスカッションでは、「女性活躍推進から考える担い手確保」と題し、当ネットワーク会議の女性建設技術者4名と県内経営者2名の計6名で様々な想いをディスカッションしました。
パネラーとして参加した女性技術者4名は年齢が近かったこともあり、皆同様に、「この業界に入職する際、女性を受け入れてくれる会社が少なかった。」という経験を語っていました。
今では少しずつ増えてきた女性建設技術者ですが、当時はどの様に扱ってもいいのかわからない天然記念物のような存在だったと思います。

最近では、官民一体となって女性が活躍できる建設業を目指し、様々な取組を行って推進しています。
取組の一環として、建設業で働くすべての女性を親しみやすい愛称で呼称できる呼び名「けんせつ小町」が平成26年10月に日本建設業連合会にて制定されました。制定の目的は、建設業界を挙げて女性のさらなる活躍を歓迎していることを広く社会にアピールし、持続的な取組みにしていくことです。 (ウィキペディアより)

ちなみに、弊社には女性トラック運転手の「トラガール」がいます!
27年間、無事故無違反のベテランダンプドライバーです!
何かあれば相談に乗ってくれたりと、安心のできる先輩です!


着々と定着しつつある「けんせつ小町」ですが、私が社会人になった約8年前は、土木に携わる女性は「ドボジョ」と呼ばれていました。
実は、同じ女性技術者の「ドボジョ」と出逢ったのは、女性建設技術者ネットワーク会議が発足し、顔合わせをした時が初めてでした。出逢った瞬間、それはそれはドキドキなのかワクワクなのかわからないような興奮で!(笑)2年前の事ですが、その嬉しさは今でも忘れられません!!

「人材確保をして建設業が継続・活性化するためには」という質問に対して、パネラーで同席していたそんなドボジョの彼女は、「この様な会を通してネットワークを広げることにより、同じ境遇の仲間同士で相談をしあう機会を増やすことも大事」と話していました。
少なからず「同志」がいることを喜んでいるのは私だけじゃないんだ(両想い)と気付き、壇上にいるにも関わらず、嬉しくなってニヤニヤしていたのはここだけの話です。(恥)

彼女は言わなければならないことはハッキリ言うし、もはや土木「女子?」と思われがち(←凄く失礼)(←人のこと言えない)な、
コッテコテのドボジョなのです!


そう、彼女はブログでもお馴染みの鹿内組の佐藤さん☆彡キラキラ
こんな風に仲間出逢え、ネットワークが広がっていくこと、本当に大切にしていきたいな~と感じています。


最後に・・・いきなり切り込みます★ラーメンのコーナー!!
(上記写真の左参照。)佐藤さんと行ったんですよ~、ラーメン屋。うふふ
今回のお店は十和田!!「てんやわんや」さんです!!

豚骨魚介ラーメン×味玉トッピング×ライス
こちらは定番商品です。安定の旨さで、いつもなんだかんだでコレを頼んでしまう。
十和田にあるラーメン屋さんの中でも、噂のお店ベスト5(どんなランキングだ!?)に入る!…かと思います!
このお店のメニューには、青森では希少な「台湾まぜそば」というものがあります。
色んな具材と辛みと麺とのメリーゴーランド!(笑)にんにくも効いていて最高に美味しいです。
但し、一日中ブレスケアを食べても口臭は消えませんでした。(←実証済)
いただくときは十分ご注意下さい(笑)

女性技術者交流サロン参加報告

初登場!ハートエンジニアオフィス(株)のプリティ田中と申します。

去る7月21日~22日に平成29年現場見学会(女性技術者交流サロン)が山形県で開催されあおもり女性建設技術者ネットワーク会議 (株)みどりの植村会長、(株)田名部組 外舘さんと私の3名が参加してきました!なんと私が最年長!老体にむち打って頑張った涙のレポートをご覧下さい。

各自、新幹線に乗り込み仙台駅で合流!がんばるぞ~~!!


バスにどんぶらこどんぶらこと揺られまず着いたのがNEXCO東日本東北中央自動車道の工事現場でございます。現場の概要の説明を受けいよいよ現場視察です。



まずはトンネル工事続いて土工状況を視察!工事中のトンネル内って初めて入りました~。まるでコビトになって腸の中を探検して歩く決死隊の気分でしたわぁ!



土工事の現場で記念写真です!その後他のトンネル、橋梁の現場の視察をしました。





1日目は4つもの現場を視察して喉もカラカラ!ビールはまだか!?キタ━(゚∀゚)━┥やっと懇親会!ってまさかの焼き肉屋!?ドボジョには「焼き肉屋」が似合うってか?う~ん。。。ドボジョこそ夜はドレスでパーティーで昼と夜のギャップを見せたらよいPRになると考えるのは私だけ!?って二次会にほとんど全員流れて食うわ飲むわの大騒ぎ。



やっぱりドボジョってパワフルなのね。なんと宴は深夜0時過ぎまで続いたのでありました。(トホホ、お肌が曲がるわ)?
睡眠時間もほどほどにやって参りました2日目。1時間半もバスに揺られ到着しました。着いた現場は水力発電所の現場!「斜面工事箇所までご案内します」という声!嫌な予感。。ハイ出ました!!約15分の山登り決定~~。ヒ~ヒ~いいながらもなんとか到着。



普段はコンサルタントで内業が多く運動不足の私にとってはこちらの方が大変だったりして(テヘペロ)その後、築造中の水槽等を見学し帰路につきました。





ということで怒濤のハードスケジュールの2日間でした。面白く表現してみましたが、まだ体験したことのない工種を生で見ることが出来たり、女性技術者のリーダー的存在の人とお話が出来たり、女性地域ネットワークをつなげていく必要性の重要性が分かったりと、「疲れましたが」(しつこい)大変勉強になった濃いぃ~2日間でした。
最後に、トイレ休憩時の買い食いがなんとも楽しみな青森かしまし娘達。今後、プリティ田中改めワラビ~田中と呼んで頂いて結構でございます~ぅ。ほほほ。。。




【真面目に】企画して頂いた関係団体の方々、青森県監理課の皆様、現場で熱心にご説明を頂いた企業担当の方々。この場を借りて御礼申し上げます。

安全大会

株式会社 田名部組の上です。

厚生労働省では、「産業界での自主的な労働災害防止活動を推進し、広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ること」を目的として、毎年7月1日~7日に安全週間を実施します。これに伴い、各事業所では、「安全大会等での経営トップによる安全への所信表明を通じた関係者の意思の統一及び安全意識の高揚」や「安全旗の掲揚、標語の掲示、講演会等の開催、安全関係資料の配布等の他、ホームページ等を通じた自社の安全活動等の社会への発信」などを実施します。

株式会社 田名部組でも7月1日に安全大会を実施しました。



弊社の今年度安全衛生スローガン
『注意する 厳しい言葉は思いやり みんなで協力 安全職場』
をもとに労働災害の絶滅を期することを宣言しました。
 
記念講演を聴いたあとは、毎年恒例のビアパーティ(^ ^)/□☆□\(^ ^)



「ゼロ災害」で今年度を終えることが出来るように、協力業者さんと親睦を深めました。

春のクリーン作戦

こんにちは。㈱小坂工務店の櫻庭です。
最近は暖かい日が多くなり、過ごしやすいですね!

私はいま三沢米軍基地内の現場に就いております。今月の初めに鉄骨を建てて屋根も完了したところです。(^^)
メインは設備工事なので、現在は設備屋さんが頑張っているところです。
ですが残念なことに詳しい工事内容と写真は載せることができないのです。(´;Д;)次回はアメリカンな物を写真付きでご紹介しますね♪

さて、タイトルの「春のクリーン作戦」ですが、当社が毎年春と秋に行っている行事です。
以前の「今年もギネス更新!」というブログを見ていただけると分かり易いですが、このクリーン作戦も委員会活動の一つで、私が所属している環境委員会が主催となっています。

集まった社員でそれぞれ分担して草取り等を行い、構内を綺麗にします。





この日は天気が良くてみんなでいい汗をかきました!(^^;)
段々と気温も上がっていき、熱中症の危険が出てきますので、皆さんもしっかり対策して健康に過ごしましょう!
それでは!

職業体験学習に参加してきました!

はじめまして!共栄産業株式会社の新山です(*´ч`*)

仕事は資材管理をしており、主にクレーンオペレーターと溶接やガスの鍛冶仕事をさせていただいております。
本社勤務なのでいわゆるOLというやつですね。

とりあえず、私が持ってる資格はTOKIOの城島茂さんも持っているのでライバルは茂さんです。

が、夏になると日焼けしてあだ名がしげる(松崎)になる今日この頃です。
近頃は美白に気をつけ、日焼けを防いでおります。



詳しい仕事内容や重機につきましてはまたの機会に紹介させていただきたいと思います…

さて今回は十和田青年会議所さん主催の職業体験学習に参加してきました!
特別に、小学一年生のうちの小娘も参加させていただきましたよ( ^ ^ )

体験学習が始まると、柏崎組住宅コーディネーターの久保田さんが、家が出来るまでのプロセスをスライドを交えて説明してくれます。



とてもわかりやすい説明で、子供たちも食い入るように説明を聞いています。

うちの娘だけは接着剤を持ってニヤニヤしていました。



私は土木の方の人間なので建築の方はサッパリなのですが、そんな私でもわかりやすい説明でしたね。

我が家も最近、家を建てた所だったので、へぇ~そういうふうに家は建てられるんだなぁ~と楽しく聞けました。

機会があれば、家を建てる手順などの話をもっと深く詳しく聞いてみたいですね(´,,・ω・,,)

さて勉強がおわると、お家の模型を組み立てます!
子供たちみんな、組み立て方を工夫しながら上手に組み立てていましたよ( ^ ^ )



うちの娘も真剣な眼差しで挑戦しています。

周りを見渡すと、みんなものすごい集中力です!

最後には表札や庭回りなど色々な飾り付けを楽しみます。

みんな思い思いに庭の飾り付けを楽しんでいました。

うちの娘も、花壇をいっぱい作っていました。
お花いっぱいの綺麗なお庭です。

我が家のお庭は砂利が敷いてあるだけなので、娘の願望を垣間見た瞬間でした。

花でも植えっか…

などと思っているうちにみんなの模型が完成し、ひとつの街が出来上がりました。



今回のイベント、本当に楽しかったですね!

やっぱり子供達が真剣に何かをしている所を見るのは新鮮ですし、こちらも初心を思い出して心が洗われます( ^ ^ )

最後に女建ネットのみんなで記念写真♪

みなさん本当におつかれさまでした!



一番奥の丸くて緑がかってるのが私です。

余談ですが、朝イチ同じ階のブースの美容師さんが私の寝癖を見かねてヘアセットしてくれました。

おかげで一人だけ髪型がビシッととキマっており、その甲斐あってか建設新聞と日刊建設青森に写真が載りました…



次回は重機や溶接について地味に語らせていただきますね~それではまた!ヾ(*´∀`*)ノ

下水道工事2

タイトル【下水道工事2】

お久しぶりです。鹿内組 佐藤です。
前回アップした下水道工事の続きです。
(自分の担当した現場の写真が手元にないので他の現場の写真を参考にアップさせていただきます!)

掘削が終わると底盤を固める為のコンクリート打設をします。
打設後、スライム処理をして推進していくための薬液注入工法(通常:薬注)と呼ばれる作業に入ります。
ボーリングマシンと呼ばれる機械で推進していく方向(ケーシングの周り)と管が到達する人孔(マンホール)やケーシングの止水及び崩壊防止を目的で注入していきます。

水に反応し(ゼリー状に)固まります。この効果を確認するため試験を行います。
(※すぐ硬化するのと時間をかけて硬化する2パターンあります。写真はすぐ硬化するタイプの試験をアップしています。)

この2液を混ぜ合わせて硬化時間を測定

初めて試験した時はストップウォッチ係なのに硬化の瞬間を見入ってしまって失敗しました(笑)

薬注終了後、推進の機械を設置する為の架台を設置し推進していきます。
これが推進機械の先頭部分です。

先頭管と呼ばれる物に1本1m程度の塩ビ管を付け徐々に押していきます。

先頭管が到達し、先頭管を塩ビの中にあるスクリューを回収します。

推進の機械を撤去し、人孔を設置して周りを埋戻し舗装をしたら完成となります。
余談ですが、今回ご紹介した推進は小さい管を押す為の推進機械です。
大きいものとなるとφ1000以上!私が担当した訳ではないのですが、弊社が携わった現場でφ2400のサイズを推進したのがありますのでコチラをご紹介!
φ2400の先導管

中はこんな感じです。管径が大きいと人が余裕で歩けます。

うっすらと左下に作業されている方がいます。大きさがわかりますでしょうか!?

いつかはこんな現場もやれるよう頑張ります!!


さて、春になりまして女性建設技術者ネットワーク会議もそろそろ本格的な活動を始めます!(笑)
今後の予定等も随時更新していくと思いますのでHPを是非チェックしていって下さいね(゜▽゜)♪

はじめまして。現場監督です。

もうすぐ、春はそこまで!
マーチに待った3月!

な今日この頃、皆さん元気していますか?
株式会社みどりの植村です!

さて、私今までのブログで一度も現場の話をしたことがないので、この人普段はなにやってるの?と思っている方もいらっしゃったかと思います。
(思ってなくても今回は最近納めた工事をお伝えします!!)

私の会社は舗装工事をメインとしています!
道路やスーパー、住宅の駐車場などの舗装工事を行っています。

道路が出来るまでには、掘削や盛土のような土工事、トンネル工事や橋脚などを作るコンクリート構造物工事などなど、これら複合的な工事が行われます。
その一番最後の工事として行われるのが舗装工事です!
利用する一般の方々には、工事の仕上がりとして見えてくるものになります。

舗装工事ではアスファルトを敷くだけではなく、その下にしっかりと締め固まった路盤が必要になってきます。モーターグレーダーと呼ばれる敷き均しの機械で砕石を敷均し、マカダムローラー、タイヤローラーでこれでもかと言うくらいしっかりと転圧していきます。

路盤が完了すればアスファルトフィニッシャーでアスファルト合材を敷均し、マカダムローラー、タイヤローラーで転圧します。
このアスファルト合材はダンプトラックで搬入時、160℃の熱を持ってやってきます。冷めたら品質が悪くなってしまうので、舗装屋はアスファルトよりも熱い使命感を持って休みなく作業を進めます。

十分締固め、合材が冷めたら、一般開放!完成です!
完成後、撮った記念写真!

チョー気持ちいい~(北島風)
これで歩行しやすく車も走行しやすくなったかと思います♪

この工事は、冬季における工事で、住宅街の道路5路線を舗装するものでした。道路幅が狭かったため、作業中は通行止めで工事を行いました。そのため、工事中は近隣の住民の方に大変お世話になりました。
一般の方々のご協力あってこそ、私達は工事出来るんだなぁと実感させられる毎日でした。

また、舗装工事が完了した時には、「綺麗になった。走りやすくなった。ありがとう!」と言っていただき、『いえいえ、長い期間、ご協力くださり本当にありがとうございました。』という気持ちなのに…とても嬉しく、「やりがい」を感じる瞬間であり、建設業が地域に「貢献」している仕事であることを実感した現場になりました。代理人冥利に尽きますね。

猪突猛進の日々で、もちろん苦しい時もありましたが、それでも工事が終わる時には「楽しかったな~やっぱりやめられない仕事だな~」と、悔しいけど思っちゃいます。

さて、暖かくなってきているので、これからが舗装屋の本番の季節です!
未来につなぐ Field Artist 株式会社みどりです(キラッ)


☆おまけ☆
定番になっています、ラーメンのコーナー。
最近、青森市に足を運んでいないので、9月頃に食べたラーメンをご紹介します。

ラーメン変化球編!!
青森市松原にあります「原食堂(はらしょくどう)
!!天麩羅中華そば(えび天入り)!!

え~本当に~?と騙されたと思って行ってみたら、美味かったんだな。
天麩羅合っちゃうんだな。あっさり系ながら丁度いい煮干しなのもGOOD。
お店の雰囲気も味も庶民的な安定感があり、お腹掴まれたらリピーターになりかねない!!
ぜひ一度は足を運んでみて下さい。
ちなみに食堂なだけあってカレーライスも、すんご~く美味しそうでしたよ(笑)

最近の設計課の話題

株式会社 田名部組の上です。

 私は建築部設計課の一員として仕事をさせてもらっています。今回は、設計課で話題になった「建築物省エネ法」について紹介したいと思います。

 現在、日本では建築物の省エネ性能が基準を満たしていなくても新築できます。延べ面積が300㎡以上の建築物を工事する場合、着工の21日前までに所管行政庁に省エネ措置の届出を行うと工事を始めることができます。
 しかし、「建築物省エネ法」で規制措置が平成29年4月1日より施行されるため、延べ面積2,000㎡以上の住宅以外の建物は、エネルギー消費性能を基準に適合させ、所管行政庁などに適合性判定を行ってもらわなければ、工事をすることができなくなります。



 今後は、対象建築物を順次拡大し、2020年までに戸建住宅を含む全ての新築建築物が対象となる予定になっているそうです。

 今回は、指定確認検査機関により開催されたセミナーに参加してきました。新設・改正された法律についての情報収集は、設計業務には必要不可欠なので、これからもセミナー等に参加し、勉強していけなければいけないと思いました。

今年もギネス更新!

㈱小坂工務店の繋です。

最近だんだん春らしくなり、徒歩で会社に行くのが日課になっています。
いつも車で出歩くことが多いと、普段気づかないことを感じたりできるので歩くのおすすめですよ~。
“空がきれいだなぁ”とか、“朝の空気は冷たいけど清々しいなぁ”とか・・。

お正月明けから、おかげさまで住宅の新築をお考えの方から多くの依頼を頂いております。嬉しい悲鳴で毎日せっせとお仕事に励んでおります!

さてさて。
小坂工務店は、なにかと行事が多い会社でして。
先月の初めになりますが、毎年恒例行事の“恵方巻き”の様子をお伝えしようと思います。
お正月が明けると、最近はコンビニやスーパーに色とりどりの沢山の巻物が売られていますよね~。食いしん坊の私としては、目移りしてしまう季節でもあります。
そんな恵方巻きですが、私たちが作るのはただの巻物ではありません。自称“小坂ギネス!”と呼ばれているのですが、とにかく長いのです。

それがこちら。


いつもはショップや現場などで働く社員が、この日ばかりはお昼御飯も兼ねて本社の倉庫に集まります。色とりどりの具材たちは、福利厚生委員会が手配してくれたもの。
(弊社には学校の様に7つほど委員会があり、社員全員がどこかに所属することになっています。福利厚生委員会は、主にこのようなイベントを主催・準備する委員会です。)



『せーの!』の掛け声と共に、いっせいにみんなで巻き巻きします。
団結力が問われる大事な瞬間です。



最後まで気が抜けないのがこの恵方巻きギネス。
全員で持ち上げられたら、無事にギネス達成です。
ちなみに今年は、記録更新の7.7mでした!!

最終的には、これを人数分に切り分けて恵方を向いていただきました。
暦の上では春といえど、三沢の春はもう少し先になりそうです。健康を願って、昔から行われてきた季節の行事。流行りの風邪にも負けないよう、今月も頑張っていきましょう!

今回はこの辺で(^^)